ロゴ
HOME>Review>太陽光パネルって本当にメリットがあるの?取り付けた人の話

太陽光パネルって本当にメリットがあるの?取り付けた人の話

屋根

太陽光パネルを設置すると、環境保全に貢献できる他にも電気代を節約できるというメリットが有ります。実際に太陽光パネルを設置することで、どの程度電気代が節約できるのでしょうか。具体的な金額が気になる人は、口コミを覗いてみましょう。

みんなの声

目に見えて節電できた

節電効果が高いとされている太陽光パネルを自宅に取り付けることになり、設置前と設置後で比較してみることにしました。我が家は夫と自分と子供の三人暮らしで、太陽光パネル設置前の電気代が毎月2万円から2万7000円の間くらいです。太陽光パネル設置後だと毎月の電気代が1万3000円から2万円くらいまでに減っていました。月々最大で7000円ほどの節約ができていることになり、節電効果がはっきりと実感できています。使用している電気代を目で確認できる点も節電に一躍買ってくれていると考えます。設置前だと電気代の明細を見るまでは電気代が分かりませんでしたが、設置後は自宅ですぐに確認できるため、以前よりも電力消費を気にかけるようになったのです。太陽光発電による節電効果がはっきり実感できるため、設置していて本当に良かったと家族一同喜んでいます。
(30代 女性)

売電できるのが嬉しい

電力自由化により個人でも電気を売ることができるようになると知り、太陽光パネルの設置に踏み切りました。以前から電気代を安くしようと考えていたので、売電したお金を電気代に充てられることがとても魅力的に見えたのです。太陽光パネルを設置すると、それだけで電気代が安くなり、家計の光熱費負担を減らすことができました。また、売電するための余剰電力を蓄えるためにより一層の節電をするようになり、電気代の支払いだけでなく太陽光パネル設置費用を回収しようと努力しています。売電することで収入が増えるだけでも嬉しいのに、節約にも効果的だなんて良いこと尽くめだと感じます。夫はもっと早くに設置しておけば良かったなと、口癖にように毎日笑いながら言っています。
(40代 女性)